一般社団法人 日本地震対策推進協会

MENU

ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ひとやすみ

ひとやすみ

宇和島の中高生が災害備蓄缶詰を開発

災害時の備えに生かしてもらおうと、宇和島水産高校(愛媛県宇和島市明倫町1丁目)と城南中学校(同市文京町)が災害備蓄缶詰を共同で開発。このほど市に納品した。 生徒の防災意識や郷土愛を育もうと、宇和島水産高側の呼び掛けで実施 …

民間避難ビル、夜間受け入れに限界

津波注意報が発表された先月18日の山形県沖地震で、沿岸部に市街地がある酒田市では、避難指示などのない中で1200人超がビルや公共施設に避難した。浸水想定区域内には避難者を受け入れる民間の津波避難ビルが5カ所あるが、夜間で …

呼吸器患者ら避難2割未満 北海道地震、電源確保懸念

昨年9月の北海道地震で、慢性的な呼吸不全のため「在宅酸素療法(HOT)」で酸素を吸入したり、人工呼吸器を利用したりする患者ら約1300人を対象に札幌市が行ったアンケートで、避難行動を取ったのは回答者の2割未満だったことが …

電車内での生死を分ける“安全な車両”と“立つべき場所”は?

【大地震 万が一の備えと行動】 新潟に震度6強の揺れが襲ったのは、先月18日の午後10時22分だった。それが東京や大阪の都市部だったら、仕事帰りに一杯飲んで帰る人が、あちこちの駅で足止めを食らったかもしれない。電車に閉じ …

災害の恐れがあるとき 早めの避難すべき理由

大雨の影響で河川氾濫や土砂災害など災害の恐れがあるとき、市町村は避難勧告や避難指示を出します。しかし「避難はようすを見て」とためらっていると手遅れになることがあります。 車での避難は浸水深30cmまで 早めの避難が必要な …

« 1 2 3 28 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.