一般社団法人 日本地震対策推進協会

MENU

一般社団法人 日本地震対策推進協会(Japan Earthquake Control Promotion Association)

《ECoPA117》とは…
 大切な命を地震という避けられない天災からどうしたら守れるのかを真剣に考える協会です。
阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震と大切な命が失われました、ではこれから先起こると言われている大地震にはどうしたらいいのか?
身じかな対策からお住まいの耐震、そして防災・減災に対する意識の高さが必要です。
ECoPA117は地震対策に関わる大切な情報を発信してまいります。

ブログ

普段使いにも! センスのいい防災グッズ

一目では防災グッズに見えないアイテムも! いざというときのために、備えておきたい防災グッズ。でもどうせなら、日常生活やアウトドアでも活躍するアイテムや、非常時にどこにしまってたっけ?なんて焦る必要のない、出しっぱなしでも …

ビルの窓についている赤い三角形の正体は?

街中を歩いていて、こんなものを見ることはありませんか? ビルの窓にいくつかつけられている、赤く目立つ逆三角形。これは何を示しているのでしょうか。 「消防隊進入口マーク」 この赤い三角は、火事などのときに消防隊が中に入るた …

非常口のマークが「緑色」に変わった、極めて重要な理由

非常事態のとき、私たちの助けになるのが非常口のマーク。 おなじみの白地に緑のピクトグラム、いたるところについていますよね。ところで、どうしてこのマークは緑色なんでしょうか? 答えはずばり、「緑が赤(=炎の色)の補色だから …

我がマンションの防災対策③

こんにちは~、スタッフのチャナです。 最近、テレビや新聞でも防災についていろいろ取り上げていますね。備蓄についてもローリングストックとか教えてくれます。 必要なものは一人一人違いますから、セットになった防災バッグを買った …

つらない天井に、人を運べる看板… 「災害から命を守りたい」 東日本大震災後に職人たちが生み出した防災用品が各地で活躍

「この天井を使ったことによって命が助かる」「看板が人の命を救えたり、人の役に立てたら」東日本大震災をきっかけに、防災用品の開発に挑んだ職人たちの思いとは。 落ちても安全「布製の天井」 天井開発のきっかけは、2011年の東 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.