一般社団法人 日本地震対策推進協会

MENU

一般社団法人 日本地震対策推進協会(Japan Earthquake Control Promotion Association)

《ECoPA117》とは…
 大切な命を地震という避けられない天災からどうしたら守れるのかを真剣に考える協会です。
阪神淡路大震災・東日本大震災・熊本地震と大切な命が失われました、ではこれから先起こると言われている大地震にはどうしたらいいのか?
身じかな対策からお住まいの耐震、そして防災・減災に対する意識の高さが必要です。
ECoPA117は地震対策に関わる大切な情報を発信してまいります。

ブログ

全国初 備蓄として乳児用液体ミルクを導入 122人分610缶

地震や津波など大きな災害に備えて三重県は、全ての都道府県で初めて乳児用の液体ミルクを備蓄すると、18日発表しました。 乳児用液体ミルクは、湯や水を使わず哺乳瓶に移すだけで飲めることや、常温で1年間保存できるのが特徴で、三 …

西日本豪雨から1年・・・聴覚障害者の避難誘導を劇的に変えた「イラスト」とは? 【岡山発】

「自分一人で逃げるのは難しい」 7月6日で西日本豪雨から1年・・・。自宅の1階が水没した、岡山県倉敷市の若林泰子さんは、今でも雨が降ると、あの日のことを思い出すと言う。 あの辺りまでずっと水に浸かってた。家の上まで 怖か …

あなたの家は地震に耐えられますか?助成制度で賢く自宅を耐震化

助成制度を利用して自宅を耐震化 室内の安全や災害発生後の備蓄は確保できたとして、家屋(建物)は大丈夫でしょうか。昨年の大阪府北部地震では、ブロック塀が倒壊し小学生が犠牲となりました。各自治体は耐震化助成を行っています。自 …

ほかに行ってと言われ…災害時に「避難所」が満員だったら、どう行動すべき?

7月初め、鹿児島県を中心に大雨が降った際、鹿児島市が市内全域の約59万人に避難指示を出すなど各地で避難指示や勧告が出されました。実際に避難した人も多かったようですが、避難所に着いた際、「満員なので、ほかの避難所に」と言わ …

隅田川も荒川も薄っぺらなカミソリ堤防…東京水没は「ゼロメートル地帯」の整備がカギ

地盤沈下で海抜以下になっている東京、大阪、名古屋の3大都市に広がるゼロメートル地帯のハード整備 「首長自ら『ここにいたら危ない』と言わざるを得ないほど追い詰められる最大の要因は、ハードの整備が追いついていないから。民主党 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.