第70回国連総会本会議(平成27年12月22日)で「世界津波の日」

定める決議がコンセンサスにより採択されました。

この決議は、第3回国連防災世界会議及び持続可能な開発のための2030アジェンダのフォローアップとして、

我が国をはじめ142か国がともに提案したもので、11月5日を「世界津波の日」として制定するものです。

この決議により、津波の脅威について関心が高まり、その対策が進むことが期待されます。

これは、11月5日1854(安政元)年安政南海地震発災日(その前日に安政東海地震が発生、南海トラフ連動地震だった)で、

大津波が和歌山県広村(現・和歌山県広川町)を襲った際に、庄屋・浜口梧陵が収穫されたばかりの稲わらに火をつけて、

暗闇の中で逃げ遅れていた人たちを高台に避難させて命を救った「稲むらの日」の逸話にちなみます。